妊婦検診のnst とは? 内容や目的について詳しく紹介

妊婦検診のnst とは? 内容や目的について詳しく紹介

出産が近づくとnstという検査を
受けます。

 

これは妊婦検診で特に異常がなければ
出産予定日が近づいてきたころに
ほとんどの妊婦さんが受ける検査です。

 

一般的には妊娠34?36週目に
受ける検査ですが、
お母さんの体に妊娠高血圧症候群、
妊娠糖尿病などの合併症や、
赤ちゃんに胎児発育不全の心配や
子宮内の環境が悪い場合は
もっと早くから検査を行います。

 

 

検査を受ける前に不安にならない為にも
nstについて詳しく説明していきます。

 

 

 

 

nstとは?

 

nstとは、ノンストレステストの略です。
お産が始まるとお母さんの体にストレスが
かかるのはご存知だと思いますが、実は
赤ちゃんにもストレスがかかります。
そのストレスに耐えられないと
判断された場合には、
帝王切開になる可能性も出てきます。
より安全に赤ちゃんが出てこれる為にも、
そのストレスに赤ちゃんが耐えられるか
どうかを事前に検査するのがnstです。

 

 

 

 

内容や目的について詳しく紹介

 

妊娠中に母子ともに異常がなければ
一般的に妊娠34?36週目に
nstを受けます。

 

この検査で現在のお母さんの
お腹の張りと、赤ちゃんの心拍数を
確認しています。

 

検査の方法は簡単で、
おなかの表面に子宮収縮と
胎児心拍をキャッチする2つの器具を
装着します。

 

胎動を感じたらボタンを押し、
検査をスタートします。
(スタートボタンを看護婦さんが
押してくれる場合もあります。)

 

だいたい20?40分ほどの検査で、
検査中はリラックスしながら
ベッドで寝転んでいれば大丈夫です。
母体が動きすぎると子宮収縮と
胎児心拍をキャッチしてるセンサーが
ずれてしまうのでしんどくなければ
あまり動かない方が良いです。
ただ、しんどくなれば無理に同じ
姿勢をキープする必要はありません。

 

検査中の20?40分の間に
赤ちゃんは寝たり、起きたりを
繰り返しています。
この寝ている時と起きている時の
両方の時間、赤ちゃんの心拍が
正常かどうかを検査しているのです。

 

 

 

 

検査結果について

 

検査中はギザギザとグラフが
動いています。
検査が終了するとその紙を元に、
先生が子宮収縮と胎児心拍について
説明してくれます。
胎児心拍では、
グラフのギザギザが大きいほど
赤ちゃんが元気な証拠です。
赤ちゃんの正常な心拍数は
120?160ぐらいです。

 

子宮収縮のグラフでは、
20が基準値となります。
お腹の張りがない時は20?30、
ちょっと張ったなという時は40?50、
とても強い張りを感じたら90などの
数値が出ることもあります。

 

 

この強い張りは前駆陣痛というもので
不定期に起こる張りなので
妊娠30週を超えた妊婦さんなら
起こりうることですので焦らないで
大丈夫です。

 

この張りがもっとひどくなり、
定期的な張りになれば陣痛になります。

 

 

検査結果を大きく分けると、
正常、異常、グレーゾーンの3つに
なります。
正常な場合はそのまま出産まで
陣痛がきそうかどうかを確認する為にも
検診の度にnstをします。
異常、グレーゾーンの場合は
他の検査を併用したり、
入院検査をすることもあります。

 

 

まとめ

nstとはノンストレステストの略で、
お母さんのお腹の張りと
赤ちゃんの心拍数の確認をする検査です。

 

所要時間は20?40分で
お腹の子宮収縮と胎児心拍を
確認するのでお腹を出しやすい
服装でいくと検査をスムーズに
受けれます。

 

赤ちゃんがお産に耐えれるかどうかを
確認する為にも大切な検査なので
きちんと受診しておきましょう。


ホーム RSS購読